Innovators’ Talk #38 「物理から公認会計士を経て、海外で働き、起業して、社会を動かす」を開催しました

i-Clubのスタッフのマツユキです。大阪大学の卒業生(基礎工学部と経済学部!)で現在Voicy代表の緒方憲太郎さんをゲストにお迎えしてInnovators’ Talkを開催しました。

前半は大学生時代、公認会計士時代、そして世界放浪から企業に至るまでのお話を頂き、後半は参加者の皆さんからの質問に緒方さんが答えるという形だったのですが…いや~アツかったです。

緒方さんは起業家として今までにない喜び、新しい価値や新しい文化を創ろうとされている、というところははっきりしていてブレません。スタートアップの現場は大変で甘くはないのですが、同士と「同じ船」に乗り、腹をくくり、荒波を超えていくということ自体が楽しい、そしてユニクロの柳井さんやソフトバンクの孫さんと同じステージに立つことが醍醐味なのだと語ってくれました。

他にも「最近いつ本気になりましたか?」と参加者に問いかけ、「本気になるとできることが増えて面白い話がたくさん来るようになる。」「(お金など)ご褒美のために仕事をやる時間を少なくして、全力で楽しいことをする(そうすれば仲間が集まってくる)」などなどビンビン伝わる熱いメッセージの数々に魅了されました。

緒方さんと参加者のみなさんの即興のやりとりでここにしかない90分となりました。緒方さん、素敵な時間をありがとうございました!

参加者の皆さんのアンケートより…

・大変ためになる話でした。本質を追い求める姿勢に感銘を受けました。
・とても熱量のある講義で、自分の人生をもっと濃く、全力を出して過ごしていこうと思えました。
・私は本気でやる、全力でやるということを知らないのではないか。本気でやれる仕事がやりたいと思っていても、いざ心が折れそうなことがあればすぐに逃げ出してしまうのではないかと自分の仕事に対する姿勢を考えさせられました。
・緒方さんのお話大変面白かったです。熱量に刺激を受け、時折発せられる私の様な緩く生きてる者へのとがったコメントも、何か社会に出来る事考えて明日からも頑張ります!
・面白く、そして熱いメッセージや刺激をたくさん受け取ることが出来ました!今回緒方さんのお話が聞けて本当に嬉しかったです。ありがとうございました。
・熱意あふれるお話ぶりで面白く聞かせていただきました。聞いていて元気が出ました。
・とても濃密な時間でした。本当は当たり前なことだけれど、日々なんとなく生きている私がはっとさせられる内容が多く、最近頭をフル回転してないんだなあとつくづく感じました。勉強やバイトに本気になることから始めようと思います。

目次
閉じる