Innovators'
Talk&Salon

Innovators’ Talk #16

Developing an Innovator’s Mindsetを開催しました

イノベーターのマインドセットは重要なトピックでありながら、じっくりと学ぶ機会がなかなかありません。今回のInnovators’ Talkでは長年アストラゼネカで主任研究員を務められ、グラスゴー大学で教鞭を執るローズ・マコウィッツさんをゲストにお迎えしてイノベーターのマインドセットに関する講義をして頂きました。

講義では重要なポイントとして
1)レジリエンス
2)自ら始め最後までやり遂げること
3)(バランスの取れた)自信
4)コミュニケーション
5)傾聴力と動機づけ
6)意思決定
7)偶然/セレンディピティを最大限に活用する
8)ネットワーキング
の8つについてご自身の経験を踏まえながら詳細に解説頂きました。

マコウィッツさんのキャリアでは 大学院時代の指導教員の死、ご自身の論文が盗作されるという被害、失業、アメリカからイギリスへの移住、など数多くのチャレンジがあったといいます。その様な中、産学両分野におけるイノベーターとして活躍された先人から私たちへの温かいメッセージやアドバイスに満ちた非常に充実した講演会でした。

Talk&salon一覧へ戻る

Innovators' Weekend

EXPO CITYハッカソン!! 発表会

9月28日(金) 13:00~15:00
EXPO CITY光の広場を使わせていただき,発表会を実施した。
7日に参加したメンバーで作った6チーム全てが発表に参加した。ゲスト審査員は,EXPO CITYから所長の栗林さん,そして7日にも参加いただいた,木村さん,佐藤さん,口野さん,阪大からは,松村先生,伊藤先生そして特別ゲストとしてOUVC水原さんに参加いただいた(写真前列の机の方々が審査員)。
発表は,プッチョ邨(チューター邨次)チーム,観覧車×VR(チューター兼松),Fact-real(チューター三宅),上を向いて歩こう(チューター松行),SKY-OK(チューター中村亮介),そして,伊藤スペシャルチームの順で行った。

左上プッチョ邨,右上小さいですが,観覧車×VR,左下Fact-real,右下,上を向いて歩こうの発表風景。上を向いて歩こうチームはプロジェクターによる実演を予定していたが,光の広場の明るさから映像が見えないことが分かり動画で発表。どのチームも質疑応答で突っ込んだやり取りが応酬され質問にしっかり答えていたのが印象的であった。

そして上の二枚が,EXPO CITY賞を獲得したSKY-OKの発表風景。右を見てもらえれば分かると思いますが、彼らは既に実装していて実際にQRコードを読むと次のヒントのページが開くところまで作りこんでいた。QRコードも3Dプリンターで打ち出したものなど4種類用意していて他にもアイデアがあるらしい。
そして左写真が,伊藤スペシャルチームによる発表風景。寸劇による実演が展開された。このチームも実際に作製した装置を使って実演していた。口コミ情報の新しい拡散方法を提案したもので,評価は高く,大阪大学賞を受賞した。

この後,審査員のみなさまには審査に移っていただいた,非常な僅差でどれを選ぶのかかなり協議があったが、上記2チームが受賞した。
下の写真3枚が大阪大学賞表彰式の様子。伊藤先生は阪大コーヒー(スペシャル版)を水原さんはマチカネワニぬいぐるみ,松村先生はご自身の本「仕掛学」を賞品として授与した。
EXPO CITY賞は,三井不動産・栗林さんより発表いただき表彰していただいた。

副賞は,EXPO CITYでの実証実験の権利で,今回本当にできがすばらしいということで実際に実証実験を行い方向で進めることとし、現在調整中である。
ここに約三週間におよぶハッカソンは無事終了した。関係いただいた全ての方に心より感謝申し上げたい。何よりも今回自主的に製作に取り組んでくれたi-clubメンバーには今後の活躍も期待したい。
最後に展示物,会場が広いこともあって展示を行って一般の人にも知ってもらおうということで伊藤先生・松村先生そして情報科学安藤先生にもご協力いただき展示も実施した。

上の写真が展示したもの(全てを写せてないが)右上が,アンケート回収装置(またの名を自動紙飛行機折機)レゴ部の長井君に松村先生が仕掛けとして注文した一品。今回長井君の全面協力により展示が実現した。左上は,創造工学センターの3Dプリンターを展示用にしたもの,真ん中が創造工学センター三宅さん,これは実際の発表にも使われた。
そして上が集合写真。最前列EXPO CITY賞のSKY-OKの4名がQRコードの仕掛けを持っている。

Weekend一覧へ戻る

Dr. Susanos

〜海外旅行者の医療課題解決〜

医療課題を手近な形で解決する

海外で自身が下痢になった際に対処法に困ったためその場での解決策を提示できないかと考えました。海外で医療施設、薬局に行くには様々な壁があります。それを踏まえて、最寄りの医療施設の提示や病気を予測したうえでの症状の翻訳などの様々な面から病気の海外旅行者が困る点を包括的にサポートできるアプリを開発しています。

メンバー

杉原正將 大阪大学医学部医学科1年
山蔦栄太郎 大阪大学大学院工学研究科機械工学専攻博士課程2年
小西真広 大阪市立大学工学部2年

活動

AngelHackOsaka 2018にて最優秀賞、LINE賞、bloomy賞を受賞
LINE BOOT AWARDS 2018にて1100作品以上の中から最終選考24作品にノミネート
第11回日本旅行医学会東京大会にて発表

連絡先

Email:info[at]susanos.jp
https://susanos.jp/

Squadへ戻る

Bamb-EE

発展途上国の子供たちを笑顔にするものづくり映像授業の実践

あなたの個性と熱意を途上国に届けよう!

バングラデシュを始めとする途上国では,過度な暗記教育が問題となっています.私たちはこういった教育課題に対し,「映像を活用したものづくり教育」による解決を試みております.これまで,ものづくり教育を1人の教員によって行うことができるようにするために「映像を活用したものづくり教育」の製作を行い,バングラデシュで実証実験を行ってきました.現在は,授業の知見を踏まえてものづくり教育の改善を行っています.

メンバー

田邊貴裕 工学研究科
野寺祐生 工学研究科
福重一騎 工学研究科
髙木雄司 工学研究科
高橋慧多 工学研究科
伴瑞季 工学研究科
山西康太 工学研究科
霜倉 チャールズ 元気 経済学研究科
上杉桃子 外国語学部

活動

●国内小学校での授業(猪名川町立白金小学校)
●バングラデシュでの小学校3校での授業
●国際協力・教育機関(JICA,JAE),バングラデシュ現地企業(NewVision,VENTURAS,DATASOFT)でのヒアリング調査
●2018年度大阪大学学生チャレンジプロジェクト採択
●Gakuvo Style Fund 2018採択

連絡先

Email:bambeemonozukuri[at]gmail.com
Facebook:@MonozukuriEducation

Squadへ戻る

Keyboard Tailor

仕立てよう,プロにはプロの,キーボード.

コンピュータに文字を入力する際に必ず利用する入力装置,キーボード.付属品から変更する事は基本的に無いのではないか.しかし,文字入力やプログラミングを仕事として考えた場合,キーボードはプロフェッショナルの道具であり,個人がベストパフォーマンスを発揮するためにはその個人に合わせて仕立てる事が理想である.そのために必要な,指標となる自由な配列を実現するキーボードの製作とサービス立案を行う.

メンバー

藤本 森峰(工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻)

連絡先

Mail:fujimoto-m18[at]mit.eng.osaka-u.ac.jp
Slack

Squadへ戻る

レモネードキッズ®

〜子どものためのビジネス教育〜

子どもが自分の価値提供を学ぶ!

レモネードキッズとは、グローバルに活躍するための基礎的なビジネススキル・言語スキルを親子で学ぶ場です。具体的には、株式会社の設立→事業計画書の作成→銀行融資交渉→仕入れ→レモネードの販売→返済→利益計算までの一連のお金の流れを楽しく学んでいます。また、大学生が子どもたちと一緒に学ぶことで、コミュニケーション能力・ファシリテーション能力を身に付ける場でもあります。

メンバー

島藤安奈 大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程1年
倉田星哉 大阪大学大学院工学研究科博士前期課程2年
田中悠貴 大阪大学大学院工学研究科博士前期課程2年
百川拓実 大阪大学大学院工学研究科博士前期課程2年
家城匡志 大阪大学経済学部4年
川瀬将之 立命館大学経営学部3年
高木敦史 立命館大学経営学部3年
小西千尋 小林聖心女子学院卒業生

梶田歩 小林聖心女子学院卒業生

齊藤美結 小林聖心女子学院卒業生

高橋知紗子 小林聖心女子学院卒業生

活動

2018年6月 レモネードキッズ第1回@大阪大学吹田キャンパス
2018年12月 レモネードキッズ第2回@スポーツフィールド 大阪オフィス
2019年3月 ナレッジキャピタルワークショップフェス2019春にてイベント開催予定

みんなの夢AWARD9 第3次審査進出

連絡先

mail: mail[at]lemonade-kids.com
Twitter: @lemonademind55
Facebook: @lemonademind55

Squadへ戻る

ドローンポール

〜産業用ドローンが安全、正確に離発着する発着システム〜

開発メンバー絶賛募集中です!

「ドローンポール」は産業用ドローンの安全、正確な自動航行システムです。産業要ドローンは、物流や空撮など、様々な活躍が期待される一方、離着陸の困難さ、飛行時間の短さから、実用化に至っていません。これらの致命的な問題点を解決する本技術は、障害物が多い地上付近ではポールを介した離発着により安全、正確に離着陸できる上、バッテリー交換による長時間飛行を全自動で実現することが出来ます。

メンバー

西下敦青 大阪大学 工学系研究科
大原賢一郎 大阪大学 基礎工学部
三葉淳広 大阪大学 工学部
西井尋紀 大阪大学 経済学部
松井奈々 大阪大学 工学部
金山雄星 大阪大学 工学部
増岡宏哉  東京大学 理学系研究科

活動

H28 JST START 技術シーズ選抜育成プロジェクトIoT分野
国際展示会”Japan Drone 2018″デモフライト展示
第18回大阪大学総長賞 受賞
ピッチイベント”Preu-Tokyo 1000k” 優勝
海外展示会”Smart City Expo World Congress 2018” 出展
”ビジコン奈良2019” 審査員長賞 受賞

連絡先

mail: info.inyourdream[at]gmail.com

Squadへ戻る

まごとも

~若者と高齢者を繋げる共食マッチングサービス~

ほんまもんのマゴみたいなトモダチ「まごとも」!

「まごとも」は高齢者・学生・飲食店を食事によってつなげてくれる共食マッチングサービスです。学生が近所の飲食店にお料理を取りに行き、そのまま高齢者の自宅に配達します。配達の中で高齢者と学生が仲良くなってきたら、一緒に自宅でご飯を食べたり、ご飯を食べに出かけることができます!高齢者は電話や訪問時に注文ができ、学生と飲食店は専用アプリで簡単に受注できるため、誰にとっても使いやすいサービスになっています。

メンバー

瀬戸ひろえ 医学部保健学科 B3
白木秀也  基礎工学部情報科学科 M1

活動

大阪府主催 健康産業有望プラン発掘コンテスト2018 優秀賞受賞
ウェルネスライフEXPO 展示会出展

連絡先

mail: magotomo.matching[at]gmail.com

Squadへ戻る

HANG

〜揺らぎ回路を活用したギターエフェクターの制作〜

既存のエフェクターにはない、不確実性という要素を持つ新たなギターエフェクターの開発を行っています。

メンバー

野寺祐生 工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻
藤本森峰 工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻
秋吉優作 工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻
中山義明 工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻

連絡先

野寺:u146824f[at]ecs.osaka-u.acjp
藤本:fujimoto-m18[at]mit.engosaka-u.ac.jp

阪大の技術シーズである「ゆらぎ回路技術」を使用し、ギターと併用して使われるエフェクターの制作を行う。ゆらぎ回路にギター演奏を入力し、出力波形に揺らぎ効果を与える試作機と、デジタルエフェクターの制御値を揺らがせる試作機を作製し、新たな音楽ジャンルの創出を目指す。

Squadへ戻る

Innovators'
Talk&Salon

Innovators’ Talk #14

Innovators’ Talk #14 社会課題を解決するための人工知能を考えるを開催しました

エクサウィザーズ執行役員の浅谷学嗣さんをゲストにお迎えして講演会を開催しました。

エクサウィザーズは日本版ユニコーンと呼ばれ注目されるAIベンチャーです。浅谷さんは大学時代に研究室に寝泊まりしてAIを学び、在学中にエクサウィザーズの前身となるエクサインテリジェンスを起業しました。

今では従業員が100人ほどの企業に成長しましたが、創業当初は1K一部屋から始めたとのことです。後に介護事業を行っていたデジタルセンセーションと統合しエクザウィザーズとなります。エクザウィザーズはHRやロボットなどのAI開発を行ってきましたが、他のAIベンチャーが領域を特化するなか、同社は領域を定めず社会課題を解決するためにAIを活用しています。講演の中で、浅谷さんは開発された様々な事例を紹介し、社会課題を現場で感じ、どういう現場でどういうことが起こっているか理解することが重要だと言われました。

この日はAIビジネスの最前線にいる浅谷さんからAIベンチャーの生の声を聞くことができました。参加者の皆さんは若くして活躍する阪大の先輩の活躍に刺激を受けたことと思います。

Talk&salon一覧へ戻る