メンバー登録

Innovators Club

Innovators' Tours

サイトビジット

株式会社リモハブ

実施日:2018年8月31日

大阪大学Innovators' Clubでは、大阪大学発ベンチャー企業を訪問する『Innovators' Tours』を定期的に企画しています。8月31日(金)に開催された第2回目は、学部生・大学院生を中心とした11名が㈱リモハブを訪問しました。代表取締役の谷口達典氏は大阪大学医学部卒業後、循環器内科医として臨床・研究に従事。大学院在学中にスタンフォード大学発の医療機器開発人材育成プログラムであるジャパン・バイオデザインを受講し、2017年3月に同プログラム第一号起業となる㈱リモハブを創業しました。
 参加者は吹田キャンパス内のオフィスを訪問し、創業初期のイノベーティブな雰囲気を体感しました。社員の方からのお話や、リハビリシステムのプロダクトについての説明も聞くことができました。オフィス見学後は場所を移し、「イチ医師からイチ起業家へ」というタイトルで谷口氏にお話しいただき、起業までの道程、医療機器開発の特殊性や課題、医師であり起業家である独自の視点やエコシステムに対する考えなどをとても分かりやすくお話いただきました。
参加者からの質問は途切れることなく、コア技術について、起業について、エコシステムについてなど、多方面から議論を行い、盛り上がりました。参加者からの感想を一部抜粋して紹介します。
・起業する際にどうやってメンバーを集めてチームを作ったか、という話が最も印象的でした。(基工M1)
・谷口社長のように、医師がリスクを取って起業するという姿に感銘を受けました。(外B3)
・医学界は保守的な方が多い業界だと勝手に思っていますが、その中でビジネスを始めるという勇気や情熱に大変励まされました。(人科B4)
・生い立ちから話していただき、起業家に対するイメージが変わりました。(工M1)
・オフィス見学とトークの組み合わせは大変良かったです。話を聞いて、文化はビジネスに非常に影響を与えることが分かりました。(言文M2)
・社会的なニーズを見つけたことがすごいと思います!(基工D2)
・関西のエコシステムを作りたいというお話が印象的でした。

Tours一覧へ戻る