メンバー登録

Innovators Club

Innovators' Tours

インターンシップ

関西のイノベーションエコシステムを創出・活発化する

藤永隆靖(工・ビジネスエンジニアリング専攻M2)

私は大阪大学Innovators’Clubからのご紹介を経て二ヶ月間SunBridge Global Ventures社(以下、SBGV)でインターンとして活動しています。SBGVは大阪梅田でスタートアップ向けのコワーキング施設であるGVH Osaka(Global Venture Habitat)を運営しており、そこでスタートアップに対する様々な支援しています。

さて、私はこのSBGVにて超エキサイティングなプロジェクトに挑戦させていただいています。そのプロジェクトとは関西圏の大学生や企業間などの交流・人的ネットワークをより広く強固なものとし、起業を活発化できるイノベーションエコシステムを創り出すことを目的としたNPO法人「生態会」の立ち上げです。元より、私は人的ネットワークと企業のイノベーション能力の関係やシリコンバレーのイノベーションエコシステムに興味を持って修士論文研究していたので、自ら人びとの繋がりを作りイノベーションを活発化させたいという思いもあり、この活動に参加しています。

実際の活動では、NPO法人の立ち上げのための申請に必要な要件の定義、今後の活動でどんなイベントや活動を行うかという企画、関西圏の起業家の方々に「生態会」のサポートやアドバイスをしていただくため企業訪問や交流会への参加、もっと多くの人に「生態会」を知ってもらうためのSNS(twitter @OSAKA_SEITAIKAI)を用いた広報などを実施しています。お気付きの通り、設立の段階でありますので、決められた仕事というものは存在せず、「あれやってみたらいいのではないか?これはどうだろうか?」と手探りで活動している状況です。なにせ、組織を立ち上げるということはやったことのない経験ですので、うまく進まないことも多いですが、それでも何か行動に移し、少しずつでも前進するということを楽しく感じています。また、自身がやるべきだと感じた案などを実際に形にしていけることがこの活動の醍醐味です。

まだまだ、生態会自体はNPO法人化の途中であり、やることも正確に決まってはいませんが、今後、関西のイノベーションエコシステムをよりよいものにしていく活動(学生起業家などの交流会)を少しずつ具体的な形にしていくことを思うと非常に楽しみです。また、0から立ち上げるからこそ、何かしら行動し、行き詰ってももがき前進していくことの大切さを二ヶ月の活動から切々と感じることができました。(2018年3月30日)

Tours一覧へ戻る